ご自身で手続きされる場合のデメリット

再生するとが出ます!ご注意ください。↓

 

我々のような専門家に手続きを依頼するとすれば、当然その費用が発生します。
ご自身で手続きをされる方の多くはその費用を浮かせたい、というのが主な理由かと思います。(中には勉強・自己研鑽のため、という方もいらっしゃるかも知れません。)

いずれにしろ、それは立派な理由であり、動機であるかと思います。

ただ、老婆心ながら、ご自身で手続きをされる場合のデメリットをここでお伝えしておきたいと思います。

デメリット1 【とにかく時間がかかる】

今までさんざん述べてきましたが、建設業許可申請や経営事項審査申請の申請手続きを理解することは非常に複雑で時間がかかります。そもそも「手引き」が難解です。
わからないから「手引き」を見ているのに、その手引き自体が難解なのです。。さらに必要書類を作成するのに(手続きの内容にもよりますが)、正本・副本など合計100枚近い書類を作成する必要があります。また、窓口は役所ですから当然ながら平日の昼間しか受け付けてくれません。

 

デメリット2 【すんなり申請が受理されるとは限らない】

いわゆる『補正』、というヤツです。苦労して作成した書類をもって、なんとか平日に時間を作って、役所の窓口に提出しに行っても、書類に不備があれば容赦なく「はい、ここダメ~。作り直して来てね~。」とつき返されます。まさに役所です。融通なんて利きません
どんなに細かい不備でも補正しない限り、絶対に受理してくれません。補正箇所が一箇所だけなら、また出直せば良いのですが、ただでさえ複雑な申請です。下手をしたら何度も役所に足を運ぶ必要が出てきます。(当然、忙しい平日の昼間に。)

 

時間は有限です。
しかも時間は有償です。(時間もコストです。タダではありません。)

聡明な経営者ならばこの2点は身に染みて感じているはずです。

賢い選択をしたいものです。

電話・メール・出張相談は無料です!

当事務所では電話メール出張による相談(貴社のご指定の場所までお伺いします!)は何度でも完全無料です!(出張相談は関西エリアに限ります。)

特に「どの業種で許可を取れば良いのか?」「許可が取れるのかよくわからないので診断して欲しい」など、気になる点はお気軽にお問い合わせください。

WEB申込割引実施中!

建設業許可申請サポートWEB割引実施中

*上記は一般建設業知事許可の場合の基本報酬額です。
消費税及び申請手数料(証紙代)は別途頂戴いたします。
詳しい料金表は→こちらをご覧ください。

サポート内容

 新規申請

新規申請・業種追加をフルサポート!社長はハンコ押すだけ!

 更新申請

5年毎の更新申請をフルサポート!社長はハンコを押すだけ!

 変更申請

決算届等の申請をフルサポート! 社長はハンコを押すだけ!

 経営事項審査

公共工事の入札参加に必要な経営事項審査をフルサポート!

お気軽にご相談ください!

お電話・メール相談はもちろん、出張相談・お見積り完全無料です!
ご相談は「ホームページを見た」とお電話いただくか、メールフォームからご連絡ください!

お電話での無料相談受付中

スマートフォンの方は↑をタップお電話が掛かります

 

メール無料相談受付中

個人情報保護基本方針(ご相談の前に必ずお読みください。)

*ご相談内容によっては有料相談となります。詳しくは→こちら

メール相談フォーム

下記の項目を入力の上、お気軽にお問い合わせください。

ご相談手続き (必須)

ご相談内容 (必須)

現在の営業形態 (必須)

会社(屋号)名 (必須)

会社の住所 (必須)

ご担当者のお名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(任意)

具体的なご相談内容をご記入下さい (必須)

確認画面は表示されませんので、送信前にもう一度内容をご確認ください。

Follow me!