事務所概要

事務所名 行政書士渡辺敏之事務所
代表行政書士 渡辺敏之(ワタナベトシユキ)
所属 兵庫県行政書士会 神戸支部 (会員番号 5116)
事務所所在地 〒654-0162
兵庫県神戸市須磨区神の谷5-10-24

※こちらからお客様の元へお伺いしますので、
基本的にご来所は不要です。
※打合せや申請等で外出していることが多いため、
ご来所を希望される方は大変お手数ですが事前に
ご連絡をお願いいたします。

TEL 078-742-6295
FAX 078-742-6296
営業時間 9:00~19:00(土日祝・夏季・年末年始除く)

※事前のご予約で土日祝も対応いたします。

個人情報保護基本方針(ご相談の前に必ずお読みください。)

代表プロフィール

若さとフットワークの軽さで誠心誠意ご対応いたします!

建設業専門行政書士渡辺敏之氏名:渡辺 敏之(ワタナベトシユキ)

略歴:1978年5月27日生まれ 午年・ふたご座・A型
兵庫県立北須磨高等学校卒業。
関西大学商学部へ進学するも3回生で中退。

大学中退後、人生の目標もなくただ流される日々を過ごし、挙句の果てにパチンコで生計を立てるという人としての底辺(汗)を約10年間経験。

あるきっかけで今までの人生で全く無縁の法律資格の存在を知り、猛勉強を始める。

そしてその甲斐があり

29歳で行政書士試験に一発合格。

30歳で宅地建物取引主任者(現 宅地建物取引士)試験に一発合格。

ただ、今まで真っ当な社会人経験もなく、いきなり開業して社会へ出る勇気は無く、30代を迎えて遅まきながら就職活動を開始。

宅建を活かし不動産仲介会社に就職したり、警備会社へ転職したりと迷走の日々を送る。

そんな中、2年間正社員として勤めた警備会社が、土木・建築現場での交通誘導員の請負をメイン業務としていたことで日々建設業と関わることになる。やがて建設業界の仕組みを知り、行政書士として建設業許可申請のプロになりたい!と強く認識するようになる。

そして満を持して行政書士事務所開業。
現在に至る。

保有資格:行政書士・宅地建物取引士(登録番号:(兵庫)第051953号)

趣味:バイク(キャンプ)ツーリング(ハーレー98年式FXSTCに乗ってます)
ギター(学生時代にコピーバンドでロックしてました)
お酒(ビールとウイスキーが最近の好みです)

身長:169.5cm (背伸びしたら170cm)

体重:70kg (最近ちょっと太った…かも)

よくある質問

当事務所に寄せられる『よくある質問』をまとめました。

Q1.無料相談はいつ利用できますか?

A.お電話でのご相談は平日の9時~19時、メールでのご相談は24時間365日受付中です。

ただし、お電話・メールとも年末年始やお盆期間等によりお休みいただく場合がございます。ご了承ください。

なお、メールでのご相談は原則として2営業日以内に返信するよう心掛けております。

Q2.どのような内容を無料で相談できますか?

A.許可取得の可能性の判断・お手続きの流れの説明・当事務所のサービスや料金の説明について無料でご相談いただけます。

なお、

  • ご自身でお手続きされる場合などの申請書類の書き方やチェック
  • 個別のケースに合わせた必要書類の説明
  • その他お手続きに関する具体的なアドバイス
  • 許可申請手続きに直接関係しない法律相談

につきましては、有料面談(30分 5,000円+税)でのみご相談をお受けしております。お電話・メール・無料面談ではこのようなご相談はお受けしておりません。

その点をご理解の上、まずは面談日時をご予約下さい。(お問い合わせは→こちらから

Q3.対応地域はどこですか?

A.対応可能エリアは【兵庫県】【大阪府】の全域となります。

当事務所ではお客様と顔と顔を合わせた対応をモットーにしており、お客様を【兵庫県】【大阪府】に限定しております。

全国対応はしておりませんのであらかじめご了承ください。

Q4.事務所はどこにありますか?

A.【兵庫県神戸市須磨区】にございます。

なお、お打合せは基本的にこちらからお伺いしますし、【兵庫県】【大阪府】全域対応しております。

対応エリア内の事業所様でしたら快く対応いたしますので、弊所近郊以外の方もお気軽にお問い合わせください。

Q5.事務所に行かなければなりませんか?

A.いいえ、こちらからお伺いしますので、お越しいただく必要はございません。

お打合せは基本的にお客様の元へこちらからお伺いします。

これにはいくつか理由がございますが、一番大きい理由は、お客様に許可申請に必要な資料(決算書など)を弊所までお持ちいただくとなると、種類や量も多く結構大変だから、です。

また、万が一お持ちいただいた資料に「抜け」があったりすると、改めてお持ちいただいたり、お送りいただく必要がございます。

結果的にこちらからお客様の元へ(つまり資料が揃っている場所へ)お伺いしたほうが、合理的・効率的なのです。

なお、【兵庫県】【大阪府】は全域を完全対応しており、こちらからお伺いするための「日当」や「交通費」は【完全無料】です。

弊所近郊の方以外でもお気軽にお問い合わせください。

Q6.許可のことが何もわからないのですが、大丈夫ですか?

A.はい、ほとんどのお客様は何もわからない状況でお問い合わせいただいております。

許可申請に必要な手続きや書類は、ただでさえ複雑です。

しかも弊所にお問い合わせいただくお客様のほとんどは毎日「本業」や「現場」で忙しく、それらを調べたり集めたりする時間が無いために弊所へご相談されます。

つまりまだ何もわからない状況の方ばかりですので、どうぞご安心ください。

なお、必要なお手続きの流れや必要書類はお打合せの際にお伝えいたします。

その際は、できる限りわかりやすくご説明を心掛けております。

お気軽にお問い合わせください。

Q7.許可が下りるまでどのくらいの期間がかかりますか?

A.新規の場合、最初のご連絡から約2~3か月は必要です。

まず、許可申請が受付された後の役所の内部審査が、知事許可で新規の場合【1~2か月】は掛かります。(申請先の県によって変わります。)

この期間はあくまでも役所内部の審査や事務処理期間であるため、外部から短縮することは不可能です。

その期間にプラスして、申請書の作成や必要書類の収集など申請までの準備期間として【1週間~1か月】は必要です。(幅がありますが、お客様の状況等によって変わります。)

結果的に、ご連絡をいただいてから最低【2~3か月】は見ておいたほうが良いです。(確約はできません。)

一日でも早く許可を取得するためには、一日でも早く許可申請を受付させるための事前準備がなによりも大切です。

今すぐお問い合わせください。

Q8.急ぎでお願いしたいのですが、可能ですか?

A.はい、ほとんどのお客様は一日でも早く許可が欲しくてお問い合わせいただいております。

弊所にお問い合わせいただくお客様のほとんどは「一日でも早く」許可が取りたいとご相談されます。

もちろん、許可申請が受付された後の役所内部の審査期間はこちらで短縮することはできません

ですが、弊所ではお急ぎの方のために許可申請までのお時間をできる限り短縮する「特急プラン」をご用意しております。

一日でも早く許可を取得するためには、一日でも早く許可申請を受付させるための事前準備がなによりも大切です。

今すぐお問い合わせください。

Q9.許可期限が過ぎてしまったのですが、更新は可能ですか?

A.いいえ、残念ながら一日でも過ぎてしまった場合、許可は更新できません。

非常に残念ですが、許可期限が過ぎてしまった場合は更新は不可能です。

引き続き許可業者として受注するためには「新規」で許可を再取得するしか方法がございません。

つまり新規申請書類一式を作成し、必要書類を集めて、許可申請窓口へ改めて新規申請しなければなりません。

当然、審査期間(知事許可の場合1~2か月)の間は無許可状態ですので、その間は小規模な工事を除いて新たな契約ができません。

さらに新しい許可が出ても「許可番号」が変わってしまう等、弊害も出てきます。

とは言え、一日でも早く許可を再取得しなければ、無許可状態は解消されません。

今すぐお問い合わせください。

Q10.契約はいつですか?

A.お打合せ後、お見積りを提示し、ご納得いただいた後に、ご契約いただきます。

まずはお手続きの流れや当事務所のサービス内容、そして費用の御見積書をご説明・ご提示いたします。

当然ながら、それらのすべてにご納得いただいた後に本契約を締結いたしますのでご安心ください。

Q11.支払いはいつですか?

A.弊所では、報酬および実費につきましては【一括前払い】でお願いしております。

本契約の締結後、速やかに御請求書をお渡しいたします。

その後5営業日以内に全額をお振込みください。

入金確認後、速やかに業務にとりかかります。

なお、こちらの不手際で許可が取れなかったり、業務が完遂できなくなった場合、実費を含めた振込額を全額返金させて頂きます。(全額返金保証)

Q12.分割払いはできますか?

A.申し訳ございませんが、報酬および実費につきましては【一括払い】でのみ対応しております。

本契約の締結後、速やかに御請求書をお渡しいたします。

その後5営業日以内に全額をお振込ください。

入金確認後、速やかに業務にとりかかります。

なお、こちらの不手際で許可が取れなかったり、業務が完遂できなくなった場合、実費を含めた振込額を全額返金させて頂きます。(全額返金保証)

Q13.依頼後のキャンセルはできますか?

A.お客様のご都合によるキャンセルの場合、報酬の全額ご返金には応じられません。

ご依頼後のお客様のご都合によるキャンセルの場合、すでにお支払い頂いた報酬額につきましては民法第648条の規定に基づき、業務の進捗状況に応じてキャンセル料を頂戴いたします。

【民法 第648条】

(略)

3 委任が受任者の責めに帰することができない事由によって履行の中途で終了したときは、受任者は、既にした履行の割合に応じて報酬を請求することができる。

Q14.無料相談したら、その後にしつこい勧誘や営業電話を受けることになりませんか?

A.一切ございません。

【行政書士法 第10条】

「行政書士は誠実にその業務を行うとともに、行政書士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。」

われわれ行政書士は国家資格者として日々この職業倫理を基に業務を行っております。

そのような行為(しつこい勧誘や営業)をすることは私のみならず、行政書士業界全体の信用・品位を害する行為であり、到底許されるものではありません。

また、

【行政書士法 第12条】

「行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。」

とありますとおり、さらに当事務所の個人情報保護基本方針で定めますとおり、お客様の個人情報は厳重に管理されますので、どうぞご安心のうえご利用ください。

Q15.依頼したいのですが、どうしたら良いですか?

A.ありがとうございます、まずは【お電話】か【メール】でご連絡ください。

ご依頼の流れを簡単にご説明いたします。

1.まずはお客様から弊所へ【お電話】【メール】にてご連絡ください。

2.許可が取れるかどうかの簡単な【ヒアリング】をいたします。

3.許可が取れる場合には、お客様の元へお伺いし、【お打合せ】をいたします。

今すぐ許可が取れそうにない(要件が揃っていない)場合には、どのようにすれば許可が取れるのかを無料でアドバイスいたします。

4.お打合せ中、又は終わり次第【御見積書】をご提示いたします。

5.料金やサービスの内容にご納得いただけた場合は、【本契約】を締結し、料金の【御請求書】をお送りいたします。(ここまで料金は一切かかりません。)

6.一括前払いにて料金を【お支払い】いただきます。(【領収書】を発行いたします。)

7.お打合せでご説明した流れに沿って、【書類作成】や【窓口申請】を行います。

8.役所の内部審査期間(知事許可の場合は1~2か月)を経て、【許可証】が届くのをお待ちください。

以上です。

今すぐお問い合わせください

当事務所ではお電話・メールでのご相談は何度でも完全無料です!
無料出張相談のご予約もお電話・メールからお申込ください!
お気軽にお問い合わせください!

お電話での無料相談受付中スマートフォンの方は↑をタップお電話が掛かります

メール無料相談受付中

個人情報保護基本方針(ご相談の前に必ずお読みください。)

メール相談フォーム

下記の項目を入力の上、お気軽にお問い合わせください。

ご相談手続き (必須)

ご相談内容 (必須)

現在の営業形態 (必須)

会社(屋号)名 (必須)

会社の住所 (必須)

ご担当者のお名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(任意)

具体的なご相談内容をご記入下さい (必須)

確認画面は表示されませんので、送信前にもう一度内容をご確認ください。