とび・土工工事業で建設業許可 3つのポイント

とび・土工・コンクリート工事

500万円(消費税込)の『とび・土工・コンクリート工事』を請負うためには『とび・土工工事業』の建設業許可が必要です!

とび・土工工事業で建設業許可を取得する際のポイントを3つ見ていきたいと思います。

ポイント1.『とび・土工・コンクリート工事』の種類とは?

建設業許可における『とび・土工・コンクリート工事』とは次のように定義されています。(参考:「建設業許可事務ガイドライン」)

とび・土工・コンクリート工事の定義
1.足場の組立て、機械器具・建設資材等の重量物の運搬配置、鉄骨等の組立て等を行う工事
2.くい打ち、くい抜き及び場所打ぐいを行う工事
3.土砂等の掘削、盛上げ、締固め等を行う工事
4.コンクリートにより工作物を築造する工事
5.その他基礎的ないしは準備的工事

では次に具体的にどのような工事が『とび・土工・コンクリート工事』に該当するのかをご確認ください。

とび・土工・コンクリート工事の例示
1.とび工事、ひき工事、足場等仮設工事、重量物の揚重運搬配置工事、鉄骨組立て工事、コンクリートブロック据付け工事
2.くい工事、くい打ち工事、くい抜き工事、場所打ぐい工事
3.土工事、掘削工事、根切り工事、発破工事、盛土工事
4.コンクリート工事、コンクリート打設工事、コンクリート圧送工事、プレストレストコンクリート工事
5.地すべり防止工事、地盤改良工事、ボーリンググラウト工事、土留め工事、仮締切り工事、吹付け工事、法面保護工事、道路付属物設置工事、屋外広告物設置工事、捨石工事、外構工事、はつり工事、切断穿孔(カッター)工事(フラットソー工事、コアドリル工事、ワイヤーソー工事、ウォールソー工事など)、アンカー工事、あと施工アンカー工事、潜水工事、など

ポイント2.『ケイカン(経営業務の管理責任者)』要件を満たすこと

『ケイカン』は建設業許可取得に必須の要件ですが、次の要件のいずれかを満たせば『ケイカン』になることができます。

ケイカンの要件
1.『とび・土工工事業』を営む会社で役員(取締役)として5年以上の経験がある
2.『とび・土工工事業』以外の工事業(業種)を営む会社で役員(取締役)として6以上の経験がある
3.『とび・土工工事業』を営む個人事業主として5年以上の経験がある
4.『とび・土工工事業』以外の工事業(業種)を営む個人事業主として6年以上の経験がある
5.『とび・土工工事業』を営む会社又は個人事業主の元で6年以上の経営補佐経験がある
上記の経験(経営管理経験と言います。)はいずれも建設業許可を持っていない事業者の元での経験で構いません。建設業許可を取得するためには、原則として申請者の役員のうちの一人(または個人事業主本人)が上記の『ケイカン』要件のいずれかを満たし、その者が『主たる営業所』に『常勤』している必要があります。(『経営業務の管理責任者』要件について詳しくは→こちらをご参考ください。

ポイント3.『センギ(専任技術者)』要件を満たすこと

なお、次の要件1~3のいずれかを満たせば『センギ』になることができます。

1.対応する『資格』を持っている

とび・土工工事業の対応資格
1級建設機械施工技士
・2級建設機械施工技士(第1種~第6種)
1級土木施工管理技士
・2級土木施工管理技士(土木・薬液注入)
1級建築施工管理技士
・2級建築施工管理技士(躯体)
技術士『建設・総合技術監理(建設)』
技術士『建設「鋼構造物及びコンクリート」・総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリート」』
技術士『農業「農業土木」・総合技術監理(農業「農業土木」』
技術士『水産「水産土木」・総合技術監理(水産「水産土木」』
技術士『森林「森林土木」・総合技術監理(森林「森林土木」』
・技能士『型枠施工』(2級は+実務経験1or3年)
・技能士『とび』(2級は+実務経験3年)
・技能士『コンクリート圧送施工』(2級は+実務経験1or3年)
・技能士『ウェルポイント施工』(2級は+実務経験1or3年)
・技能士『とび・とび工』(2級は+実務経験1年)
・地すべり防止工事(+実務経験1年)
・基礎ぐい工事
・登録橋梁基幹技能者
・登録コンクリート圧送基幹技能者
・登録トンネル基幹技能者
・登録機械土工基幹技能者
・登録PC基幹技能者
・登録鳶・土工基幹技能者
・登録切断穿孔基幹技能者
・登録エクステリア基幹技能者
・登録グラウト基幹技能者
・登録運動施設基幹技能者
・登録基礎工基幹技能者
・登録標識・路面標示基幹技能者

※「 」は『特定』建設業の専任技術者(及び『監理技術者』)となりうる国家資格です。
※技能士は2級以上が必要。また、2級については合格後、実務経験3年以上(平成16年4月1日時点で旧技能検定に合格していた者については1年以上)が必要です。
※(+実務経験○年)の記載がある資格は合格後や資格取得後に規定の実務経験期間がないと『センギ』となれない資格です。

2.『指定学科』を卒業し、かつ、一定の『実務経験』がある

とび・土工工事業に関する『指定学科』は次のとおりです。

とび・土工工事業の指定学科
土木工学、建築学

卒業後に必要となる『実務経験』期間は次のとおりです。

卒業後に必要な実務経験期間
高校もしくは中等教育学卒業の場合、卒業後5年以上の実務経験
大学・高等専門学校卒業の場合、卒業後3年以上の実務経験

3.10年以上の『実務経験』がある

『とび・土工工事業』にかかる建設工事の実務経験が10年以上あれば、『センギ』の要件を満たせます。

なお、一定の条件を満たせば、この10年を8年にできる特例があります。(詳しくは→こちらをご参考ください。

ただし、『特定』建設業許可を取得するためには、単なる「実務経験のみ」では取得できません。実務経験期間と併せて(期間が重複していても可。)『指導監督的実務経験』2年以上必要です。『一般』に比べて要件が厳しくなっていますので、ご注意ください。

指導監督的実務経験とは?

「建設工事の設計、施工の全般にわたり工事現場主任や現場監督のような資格で工事の技術面を総合的に指導監督した経験」をいい、しかも実務経験を積める『建設工事』については「許可を受けようとする業種に係る建設工事で、かつ、発注者から直接請負い、その請負代金が4,500万円以上であるもの」に限定されます。

つまり、ただの現場主任や現場監督としての経験では足りず、いわゆる『元請』としての立場で請負った工事で、なおかつ『4,500万円以上』の工事でなければ『指導監督的実務経験』とは認めてもらえないということです。しかも2年以上の経験が必要ですから、かなりハードルは高いです。

建設業許可を取得するためには、上記の要件のいずれかを満たす『センギ』が『営業所ごと』に『常勤』している必要があります。(専任技術者要件について詳しくは→こちらをご参考ください。

なお、上記の実務経験は建設業許可を持たない事業者の元での経験でも構いません。

まとめ

以上が『とび・土工工事業』で建設業許可を取得するための3つのポイントです。これから『とび・土工工事業』で建設業許可取得をお考えならご参考にしてください。

特に、『とび・土工・コンクリート工事』は他の業種に分類されない工事のほとんどが『とび・土工・コンクリート工事』に該当するのではないか、と思えるくらい、その守備範囲が非常に広いです。冒頭の「ポイント1.」をご覧いただけるとお分かりのとおり、これだけ「建築系」と「土木系」の工事が入り混じった業種は他にありません。そのため、他の専門業種と工事の種類を混同しやすいです。例えば「重量物設置工事」などは『機械器具設置工事業』と混同しやすいですし、「ブロック積み工事」などは『タイル・れんが・ブロック工事業』や『石工事業』と混同しやすいです。貴社にとって本当に必要な業種をお間違えのない様、十分ご注意ください。

なお、建設業許可を取得するためには、上記以外にも『欠格要件に該当しない』ことや『資産要件(500万円以上の預金があるか?)を満たしている』こと等の他の要件全てクリアする必要があります。(『建設業許可要件』について詳しくは→こちらをご参考ください。

当事務所では貴社が建設業許可を取得できるかどうか?のいわゆる『許可要件診断』について、1時間ほどの無料面談を行っております。しかも貴社まで交通費無料でお伺いします。もしよろしければお気軽にご連絡ください。

電話・メール・出張相談は無料です!

当事務所では電話メール出張による相談(貴社のご指定の場所までお伺いします!)は何度でも完全無料です!(出張相談は関西エリアに限ります。)

特に「どの業種で許可を取れば良いのか?」「許可が取れるのかよくわからないので診断して欲しい」など、気になる点はお気軽にお問い合わせください。

WEB申込割引実施中!

建設業許可申請サポートWEB割引実施中

*上記は一般建設業知事許可の場合の基本報酬額です。
消費税及び申請手数料(証紙代)は別途頂戴いたします。
詳しい料金表は→こちらをご覧ください。

サポート内容

 新規申請

新規申請・業種追加をフルサポート!社長はハンコ押すだけ!

 更新申請

5年毎の更新申請をフルサポート!社長はハンコを押すだけ!

 変更申請

決算届等の申請をフルサポート! 社長はハンコを押すだけ!

 経営事項審査

公共工事の入札参加に必要な経営事項審査をフルサポート!

お気軽にご相談ください!

お電話・メール相談はもちろん、出張相談・お見積り完全無料です!
ご相談は「ホームページを見た」とお電話いただくか、メールフォームからご連絡ください!

お電話での無料相談受付中

スマートフォンの方は↑をタップお電話が掛かります

メール無料相談受付中

個人情報保護基本方針(ご相談の前に必ずお読みください。)

*ご相談内容によっては有料相談となります。詳しくは→こちら

メール相談フォーム

下記の項目を入力の上、お気軽にお問い合わせください。

ご相談手続き (必須)

ご相談内容 (必須)

現在の営業形態 (必須)

会社(屋号)名 (必須)

会社の住所 (必須)

ご担当者のお名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(任意)

具体的なご相談内容をご記入下さい (必須)

確認画面は表示されませんので、送信前にもう一度内容をご確認ください。

Follow me!