法人で建設業許可を取得する際のポイント

再生するとが出ます!ご注意ください↓

1.定款の『目的』に注意!

『定款』とはその会社のルールを定めたものですが、そこの『目的』の記載に許可行政庁によっては細かい規制がある場合があります。

具体的には「工事」や「建設工事」の文言がなければならない、とか「管工事業」などの具体的な業種まで記載がなければならない、などです。そしてこれは地域によってかなりルールが異なりますので、許可行政庁に事前に確認をしておいたほうが良いです。

そして、『目的』の記載が足りないと許可申請を受け付けてもらえない可能性があります。そうなると、『定款変更』の手続きや『変更登記』の手続きが別途必要となりますので、特に許可取得をお急ぎの場合等は十分にご注意ください。

2.後継者を役員(取締役)に!

個人事業と違い、法人はいわゆる『代替わり』が格段にしやすい営業形態であるといえます。現在の代表取締役が仮にいなくなっても基本的に変わりとなる経営者(取締役)がいれば『法人』としては存続できるわけですから。

これは『建設業許可』の存続に関しても同様で、例えば『ケイカン』について多くの場合は社長(=代表取締役)がなられていますが、その社長に万が一のことがあっても、他に常勤の取締役がいれば、経営経験5年以上等の要件はありますが、許可を存続させることは可能です。残されたご家族も会社や建設業許可が存続することで、路頭に迷わずにすむかも知れません。

ですので『万が一』に備えて、設立時から後継者(や社長の親族等)を常勤の取締役として迎え入れておくことが何より『社長』の、『会社』の、そして『建設業許可』のリスクヘッジになると思います。

また、当然ながら常勤の取締役としておくことで、『ケイカン』となるための経営経験も積めることになります。

例えば社長の息子さんを取締役にしておけば、将来息子さんが独立して建設業許可を取得する場合などもスムーズに許可が取れる、というわけですね。

将来のことも考えて役員構成を考えることが肝心です。

3.新規設立の場合は『資本金の額』に注意!

『建設業許可の要件』の中に『資産要件』というものがありますが、新規で設立した法人(株式会社)で『一般』建設業許可を取得する場合には、『資本金の額』500万円以上にして設立することでこの『資産要件』をクリアできます。(ただし、許可申請時において「1度も決算期を迎えていないこと」が条件です。)

具体的な許可申請手続き上のメリットとしては、『預金残高証明書』を改めて発行する手間もお金も不要になる、という事です。

現在、株式会社は資本金の額を1円から設立することが可能ですが、どのみち『一般』建設業許可を申請するのであれば500万円は必要となるのですから設立段階であらかじめ準備しておくことを強くオススメいたします。

当事務所で会社設立のサポートができます!

法人成り等で会社の新規設立をお考えなら、設立手続きも当事務所へお任せください!

株式会社設立と建設業許可申請をセットでお申込いただくと、お得な割引プランをご用意しております。
お気軽にご相談ください。

会社設立料金表

*会社設立には上記以外に登録免許税等で21万円程度の費用が掛かります。
*登記申請は提携司法書士により行います。(料金に込み)

会社設立+建設業許可セットプラン

下記料金が総額になります。(建設業許可は『知事・一般』の場合です。)

建設業許可新規設立セット料金表

*登記申請は提携司法書士により行います。(料金に込み)
*上記以外に『会社印鑑』の作成費用等が別途必要となります。

電話・メール・出張相談は無料です!

当事務所では電話メール出張による相談(貴社のご指定の場所までお伺いします!)は何度でも完全無料です!(出張相談は関西エリアに限ります。)

特に「どの業種で許可を取れば良いのか?」「許可が取れるのかよくわからないので診断して欲しい」など、気になる点はお気軽にお問い合わせください。

WEB申込割引実施中!

建設業許可申請サポートWEB割引実施中

*上記は一般建設業知事許可の場合の基本報酬額です。
消費税及び申請手数料(証紙代)は別途頂戴いたします。
詳しい料金表は→こちらをご覧ください。

サポート内容

 新規申請

新規申請・業種追加をフルサポート!社長はハンコ押すだけ!

 更新申請

5年毎の更新申請をフルサポート!社長はハンコを押すだけ!

 変更申請

決算届等の申請をフルサポート! 社長はハンコを押すだけ!

 経営事項審査

公共工事の入札参加に必要な経営事項審査をフルサポート!

お気軽にご相談ください!

お電話・メール相談はもちろん、出張相談・お見積り完全無料です!
ご相談は「ホームページを見た」とお電話いただくか、メールフォームからご連絡ください!

お電話での無料相談受付中

スマートフォンの方は↑をタップお電話が掛かります

 

メール無料相談受付中

個人情報保護基本方針(ご相談の前に必ずお読みください。)

*ご相談内容によっては有料相談となります。詳しくは→こちら

メール相談フォーム

下記の項目を入力の上、お気軽にお問い合わせください。

ご相談手続き (必須)

ご相談内容 (必須)

現在の営業形態 (必須)

会社(屋号)名 (必須)

会社の住所 (必須)

ご担当者のお名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(任意)

具体的なご相談内容をご記入下さい (必須)

確認画面は表示されませんので、送信前にもう一度内容をご確認ください。

Follow me!